Concept
金属が創り出す優美で繊細な造形美と
天然石の持つ唯一無二の美しさ。
その2つが合わさったとき、Shin Jewelryは生まれました。

天然石の美しさを最大限に表現したい。
それを支える金属の表現も、美しさにこだわりたい。
どちらか一方でも欠けてしまうと、満足のいくアイテムにはなりません。

石と向き合い 納得できるデザインを決めていく、
ということは、石に合わせて座を作り替え、
色やバランスを見ながら0.数ミリ単位で微調整を行っていく作業の繰り返しです。
1つのアイテムを作るのに、何度も試作を繰り返し、
時にはデザイン決定までに数か月かかることもあります。

こうした制作方法は非常に非効率だし、大変な労力を要するのですが、
ジュエリーを手にした方の顔がぱっと輝く瞬間を見ると、どんな苦労も吹き飛んでしまいます。
大量生産はできないのですが、その分、1つずつ、愛情をこめて制作しています。

デザインインスピレーションの源は、デザイナーが旅を通して感銘を受けた自然や文化、アートたちです。
この広い世界には、自然の作り出す奇跡の風景があり、
そこには昔から育まれてきた多様な文化と価値観がある・・・
知らなかった世界の美しさを経験するたび、
感動で胸が震えました。

こうして受け取った感動をどうにか形に出来たら・・・
と思い、デザイナーのフィルターを通して、
小さなジュエリーの世界で表現しています。
もっとも大事にしていることは、デザイナー自身が、「自分が欲しいと思うもの」を制作すること。
どんなに他人から称賛されるようなデザインであっても、
自分で満足したデザインでないと、人にお見せすることは出来ません。
だから、ご紹介できるジュエリーは、どれも自信作。
どれも最高傑作。

天然石も金属も、地球が生み出した奇跡の欠片たち。
これらを組み合わせてジュエリーを作り出すことは、
“石”や“金属”といった物質に、“ジュエリー”という新しい生命を吹き込む作業です。

だからこそ、その恵みに感謝しながら 1ミリたりとも妥協せず、真摯に向き合って、
心から「素敵なものが出来た!」と思えるようなアイテムをデザインしていくことが、
Shin Jewelryの使命だと思っています。

Profile
Manami Yoshioka
東京生まれ。
大学卒業後、宝飾とは全く関係のない会社で働きながら、
ジュエリーへの憧れを捨てきれず、アフターファイブで彫金を学ぶ。
自身と、ごく身近な友人たちのためにジュエリーを作り、それを機にShin Jewelryを立ち上げる。
Shin Jewelryの世界観が固まり始め、会社を退職。
2013年より百貨店の期間限定ショップに出店をはじめる。
2015年11月東京・代官山に路面店を出店。
2017年10月サロン兼アトリエとして外苑前に移転。
<message from Designer>
小さな頃、祖母や母のジュエリーケースをこっそり覗いては、華やかな美しさにうっとりする・・・
きっと誰もが 経験したことがあるのではないでしょうか。
私も、そんな一人でした。

子供の頃の憧れを抱きつつ、大人になった私は、自ら装飾品を買うようになりました。
はじめは好奇心から、いろいろなテイストを試しました。
いまでは身に着ける機会も無くなってしまった昔のアクセサリーは、私のジュエリーボックスで眠っています。
けれど、装飾品を身に着ける楽しさを教えてくれたのは、間違いなくその時代に買い求めたものたち。
Shin Jewelryの裏テーマである「重ねて着けて、ボリュームを出す」という遊び方も、その時に学んだことでした。

すこし時は過ぎて、昔 魅了されたジュエリーケースの世界に、再び憧れを抱くようになりました。
けれど、悲しいことに、祖母のジュエリーは、今の自分には全く似合わない。
もちろん、値段的にも釣り合わない。
祖母の年齢にはまだ遠い、いまの自分が身に着けたいものはどんなジュエリーだろう?

今の私に似合う、私らしいデザインのジュエリー。
日常に寄り添いながら、そっと輝きをくれるもの。

既製品ではしっくりくるものが探せなかった私は、「ならば自分で作ってしまおう!」と考えました。
こうして、私はジュエリーを作り始めました。


いつしかあこがれの存在だった“ジュエリー”は無くてはならない大切なパートナーとなりました。

つらい時にそっと触れると心が落ち着き、ここぞ、という場面ではやさしく背中を押して見守ってくれる。
そしてエネルギーにあふれているときには、一層輝きを与えてくれる気がするのです。

―Shin Jewelryを手にした方にとって、そのジュエリーが大切なパートナーとなってくれますように。
―手に取ってもらったジュエリーが、いっぱい愛されて、沢山身に着けてもらえますように。

いつもそんな風に、ひとつひとつ、心を込めてデザインしています。

[続きを読む]
[折りたたむ]
お支払い方法
クレジット決済
銀行振込
お問合せ/規約
お問合せはこちら
よくあるご質問
利用規約